Bio

Photo_Hisano.jpg

©️Susan Young

東京大学大学院情報学環准教授、東京大学卓越研究員。

東京大学教養学部卒業、デラウエア大学歴史学研究科修了(PhD,歴史学)。ハーバードビジネススクールにてポスドク研究員、京都大学大学院経済学研究科にて講師を務めたのち、2021年4月より現職。

専門は感覚史・技術史・経営史。近著に『視覚化する味覚—食を彩る資本主義』(岩波書店、2021年)、『Visualizing Taste: How Business Changed the Look of What You Eat』(ハーバード大学出版局、2019年;ハグリー・プライズおよび清水博賞受賞)。

NEWS

2022.4.8

インタビュー 東京大学情報学環 

Part IPart II 

2021.11.19

新刊/本の出版物視覚化する味覚-食を彩る資本主義 (岩波新書)

2022.7.26

オンライン連載 「豊かな』消費を考える Modern Times